一戸建てに住む時は、庭や塀など人目につきやすい家の外回りをきれいにするよう心がけておくと良いです。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

一戸建て生活では外回りも清潔に

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
持ち家でも賃貸でも、一戸建ての場合は家の外回りをきれいにしておきたいところです。私は以前、築年数がかなり経った、古い一戸建ての賃貸住宅に住んでいたことがあります。家の前の道は、車も人も往来がそこそこある場所でした。そのため古い家ではあっても、できるだけきれいにしておくように心がけていました。住んでいた家には、小さいながらも庭がありました。落葉樹が植えてあったので、秋から冬になると落ち葉掃除が恒例の仕事でした。放っておくと、歩道にも車道にも、沢山の落ち葉が降り積もってしまうのです。

庭木はグングン成長するので、時々剪定も必要でした。家の外回りの手入れは、一戸建てでは欠かせないことです。塀やフェンスがある場合も、時々きれいにした方が良いです。私が住んでいた家は生垣だったので、大きくなり過ぎないように時々高さを揃えていました。塀やフェンスの場合は、汚れを取ることが大切です。ほうきや水を使って、たまった泥汚れなどを落とすときれいになります。外からも目につく表札も、ついでに汚れを落としておくのがベストです。一戸建てに住む時は、家の外回りが人目につきやすいことを意識して生活すると良いです。外観がきれいだと、家全体もこざっぱりして見えるのです。

注目情報

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.