マンションとは違い、一戸建てにはできることが沢山ありますが、その中でも一番の魅力は庭があることです。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

一戸建てだからこそできること

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
マンションと戸建てはどちらが良いのかという論争は決着がついていません。それは住む人の生活スタイルや価値観によって違うからであり、どちらにもそれぞれ良いところと悪い所を持っているからです。しかし一戸建てにはマンションでは絶対にできないことがあります。それは庭を作るということです。マンションでもプランター栽培はできますから、ガーデニングという意味ではすることは可能です。しかし地面に直接木を植えてどこまでも大きく育てることはマンションでは一階の人間しかできません。当然木を地植えにするということは手入れやお金がかかりますが、それ以上に人に癒しや楽しみをもたらしますから、木が好きな人にとってはかなり大きなポイントなのです。

地面に植えられた木が季節ごとに違う表情を見せることは、季節の移り変わりや時の流れを感じるきっかけになりますし、それによってたくさんのことを考えることになりますから、人にとって木が身近に植えてあるという環境で暮らすことはとても大切なことなのです。落ち葉を拾うことや剪定、それに薬を撒くことは大変な作業ではありますが、それも季節を感じさせる大切な作業なのです。大きく根を張って生きている木が身近にあるだけで自然も生きるということも身近に感じることができますから、生きているという実感を抱きやすくなります。それは戸建てで暮らし、植物を地植えしている人にとっては良いことではないでしょうか。

注目情報

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.