将来他の住民と揉めたくなければマンションよりも一戸建ての住まいで暮らしたほうが賢明だということ

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

将来他の住民と揉めたくなければ一戸建てにしなさい

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
家を買う場合にマンションにするか一戸建てにするかはかなり重要な選択肢になります。それはずっと何十年も継続する問題だからです。その場合もし将来に不安があるとするならば、建物購入後にローンの完済ができること、税金を払い続けられること、隣周辺に変な住民が来ないことを前提とした場合だと総合面では一戸建ての住まいで暮らしたほうが賢明であると宣言します。というのはマンションの場合には自分だけでどうしようもない問題が多く付きまといすぎるからです。つまりマンションを買う場合はそのあたりのことを考えて買えということです。

その自分だけでどうしようもない問題ですが、1つ目は管理と修繕に関するあり方です。それはマンションの場合には他の住民も一緒に暮らしているということで住民全体で建物の管理について決定をしていかなければなりません。もちろんそのための資金を皆で出していく必要があるのです。そのために管理費とか修繕積立金とかがあるのです。それができない建物はスラム化して老朽化を加速させてしまうのです。よくネット上の書きこみで家の管理が楽だとか防犯で戸締りが戸建ては大変だからとかいうマンション派の意見がありますが、それは単に戸締りがめんどくさがっていたりとか世帯数が多くて管理組合任せだったりなどして住民会合などに自ら参加していないだけにすぎません。しかし住民数が多くなって将来老朽化した際に建物の修繕あるいは建替えを巡って皆の意見が統一していない場合は紛糾することが大いに予想されます。ただでさえ修繕積立金は甘いと指摘されていて途中での値上げを余儀なくされている物件はたくさんあります。もし気になるならば中古マンションの積立金や管理費の相場を調べると参考になるかもしれません。対して一戸建ての場合はすべて自分の管理なのでいつどこをいくらの金額で修繕するかは所有者の勝手です。建物の管理を巡って他の住民と揉める心配はありません。また騒音に関しても庭に余裕があって隣との建物の間に空間があるならばその空間のために騒音は大幅に軽減されるメリットがあります。マンションだとそうはいきません。

注目情報

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.