一戸建てを建てる時に、意外とないがしろにされがちな照明ですが、ダイニングの照明には特にこだわりたいものです。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

一戸建てのダイニングの照明

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てを建てる時、こだわりたいと思う所はたくさんあると思います。間取りやローカの幅、将来のことも考えてバリアフリーにしておく、畳のある和室が欲しい、壁や床の素材や色など多岐に渡ります、もちろんキッチンのタイプや設備、広さもこだわると思いますが。意外に照明はないがしろにされがちです。照明は生活していく上でとても重要です。部屋によっては明る過ぎると落ち着かなかったり、暗過ぎると生活しにくいなど、照明は生活を左右します。特に生活上絶対に必要な、食事をする場所の照明にはこだわっておきたいです。

おいしい食事は活力になります。仕事の疲れをおいしい食事で癒すことができます。出来る限り、食欲が湧くようなダイニングにすることが重要になってきます。色や光は食欲と密接に関係しています。食事をするダイニングの照明は、部屋全体を明るくし過ぎず、テーブルを暖色系の明かりで集中的に照らすのが良いとされています。それを実現するには、ペンダントライトを使うことです。ペンダントライトなら、テーブルに並べられた料理を近くから照らせます。しかし、ペンダントライトだけだと暗くなり過ぎることがあるので、間接照明を併用することです。

注目情報

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.