一戸建てには様々なメリットとデメリットがあります。ほんの一部をご紹介したいと思います。ご参考になれば。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

一戸建てのメリットとデメリット

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
私の実家は一戸建てで私の現在の住まいはマンションです。戸建ての場合、駐車場代や管理費、修繕積立金など毎月負担になる経費を抑えることができますね。金銭的な面で考えると、ここが一番のメリットになると考えます。また、戸建ての場合は、上物の資産価値はマンション同様に年々落ちていきますが、土地がありますよね。土地の場合は資産価値の下落が小さいので、将来の資金として考えることができます。これは非常に大きい部分であると思います。

また、マンションではよくある組合への参加義務や隣人への気遣いがなど、戸建てはさほど気にしなくても良いことがあると言えます。ただ、戸建てもいいところだけではありません。まず、新築や中古を購入しようとすると、マンションと比べ値段が高い傾向にあります。また、マンションは気密性が高く、特に冬場は暖かいのですが戸建てはそうはいきません。正直寒いです。しかしながら、双方のメリットとデメリットを考えると、私の場合は戸建てに軍配があがります。建売だったとしても、自分なりに家を改装したり増築したりと、自由がききますよね。また、隣家とも完全に離れているので、プライバシー性を考えると非常に高いと思います。夢のマイホームを購入する場合、よく考えて購入してくださいね。

注目情報

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.