自分の理想の一戸建てはどんなものか考えることが多いです。将来理想の家を建てることができたらいいなと思います。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

理想の一戸建てについて考えてみました

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
自分の理想の一戸建てはどんなものなのかいろいろ考えています。できたら雰囲気がある家がいいなと思います。いまどきのモダンなものより、できたら昔の雰囲気がある家がいいなと思います。洋館のような家だと最高だなと思ってしまいます。漆喰や気を使った素敵な家に住みたいです。今はいろんな合板を使っていますが、本物の木がたくさん使ってある家がいいなと思っています。ステンドグラスが好きなので、自分で作って壁にはめ込むことができたらいいなと思ってしまいます。きっと素敵な家になると思います。ニッチも作ってもらって、季節の小物を飾りたいなと思います。タイルも好きなので、台所にはタイルをはってもらいたいなと考えています。家を建てるとなると前もっていろいろ自分のイメージを固めておかないといざというときに困ってしまうと思うので、しっかりと考えておくつもりです。スクラップ帳を作っておいて、建てるときに見てもらうのもよいかもしれません。

家にはかなりのこだわりがあるので、それを実現できるようにしたいと考えています。きっと実現できると思います。その日がかなり楽しみです。早く実現できるといいなと思ってしまいます。そうできるように頑張ります。

注目情報

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.