一戸建て住宅の一部を賃貸住宅にしたり広い敷地に2つ一戸建てを建て片方を賃貸にしたりと賃貸収入を見込める一戸建て

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

賃貸収入を見込める一戸建て

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てを取得するには、建売住宅を購入したり土地を購入して一戸建てを自由に建てたりすることも多いですが、親からの相続で広い土地を取得した場合、今後の固定資産税や相続などを考えるとどうしたらよいか悩むことがあります。広い土地を半分売ってしまい、残った土地に一戸建てを建てるという方法もありますがせっかく親から受けついだ土地を少なくしてしまうのも抵抗がある人も多いでしょう。そういう場合考えられる方法はいくつかあります。

まず、一戸建ての一部を賃貸用として設計する方法です。例えば1階の1部にワンルームを2〜3世帯組み込んだ設計にするものも多いです。また1階部分をすべて賃貸にして2階、3階に自分たちが住む方法があります。ワンルームであれば将来子供が大きくなった時に住まわせることもできますし、家賃収入が得られれば住宅ローンにあてることもでき経済的にも安心です。

また、土地を半分にして片方に賃貸用の一戸建てを建てるという方法があります。賃貸にしているので固定資産税の負担も軽くなりますし、相続税も少なくなります。また、子供世帯が結婚した場合など、一戸建てが空いていれば住まわせることもできます。将来的に自分たちで使用することがある場合は、賃貸の契約を更新できる契約ではなく定期借家権契約にしておくと利用したい時期に合わせて期間を決めて貸すことができるので安心です。

注目情報

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.