マンションより一戸建てのほうが総支払額が低いことをなぜ総額が低額なのかを詳しく説明しています。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

マンションより一戸建てがおすすめです

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
賃貸住宅を借りている人達にとって、自分の住まいを持つことは夢です。そこで、まず考えるのはお金の問題もあってマンションだと思います。しかし、マンションよりも一戸建てをおすすめします。では、なぜマンションよりも一戸建てがよいのでしょうか。

理由は、費用の点から一戸建てがおすすめだということです。これを話すと皆さん驚かれます。確かに最初の支払額は広さとの比較いわゆる坪単価で考えれば一戸建てよりもマンションのほうが安いでしょう。しかし、マンションは管理費というものがかかります。管理費についてはからくりがあります。最初の諸費用を低額に抑えるために当初の管理費は低額に抑えられています。しかし、年数がたつにつれだんだんと値上げされます。また他の住民の管理費滞納などによってその分まで負担しなければならない事態も発生します。そして大規模修繕時には追加費用も発生する場合すらあります。また、マンションの場合は通常駐車場代が発生します。一戸建ての場合駐車スペースがありますから、一般的にはかかりません。そして、マンションの駐車場代も管理費に充当されていますから、当然値上げが予想されます。機械式駐車場の場合は特にメンテナンス代が高額でそのことも問題です。

以上のことから10年、20年先の支払額総額を比較するとマンションより一戸建てのほうが低額になるということです。

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.