木造一戸建て住宅は、役所や役所に代わる機関に建築確認申請を提出する際の構造計算の方法に違いがあります。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

木造一戸建ての構造について

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
木造一戸建て住宅の構造計算の方法について説明いたします。全ての建築物は工事に着手する前に構造計算を行い、役所に代わる第三者機関に建築確認申請を提出する際にその構造計算の資料も添付してチェックを行います。ここで注意しておきたいこととして、木造一戸建ての二階建ての住宅においては、構造計算の方法が二種類あるということです。一つのは一般的な壁量計算と言われる簡易的な計算であり、やり方を覚えると中学生でも可能な内容です。

もう一つの計算方法は許容応力度計算という少し難しい名前ですが、部材のひとつひとつの強度まで計算し、安全を確かめる方法となっています。現在の法律では木造三階建ての物件の場合は、許容応力度計算という詳細計算をしなければいけませんが、木造二階建ての物件に関しては、簡易的な壁量計算でも、詳細計算でもどちらでも構わないとされており、中途半端な状況です。住宅会社がちゃんと構造計算をしていますというのは、木造二階建ての場合、どちらの計算方法で構造計算をしているのか確認することが重要です。お客さんの立場から計算方法を指定しない限り、住宅会社は簡易的な壁量計算で済ますところが大多数でしょう。このように住宅においてはまだまだ曖昧な法規制があり、このような状況を把握しておくことが良い住宅を建てるためには、大変重要になります。

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.