私は、一戸建てに引っ越しをしてきて数カ月が経ちました。ご近所さんとの付き合いが深まってきました。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

一戸建てに引っ越しをしてきたにあたって。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てに引っ越しをしてきて、数カ月が経ちました。ご近所の方たちはすでに仲の良い方々が多く、私はそういった仲よいのご近所さんと言うものになかなかなじめずにいました。もともと人見知りと言う性格なので、緊張してしまってどうしてもうまくお話が出来ずにいたのです。子供たちは良く話しかけてくれて、まだ2歳という幼い息子ではありますが、めんどうもみてくれて嬉しかったです。そういった日々を過ごしていたのですが、隣のお宅からハロウィンをご近所さんであつまってやらないかというお誘いをうけるこができました。とても嬉しかったです。一戸建てに引っ越しをしてくるに当たって、アパート時代にはほとんど交流のなかったご近所さんとのお付き合いです。これがとても心配でありました。

ですが、今回そういった一戸建てのご近所の方に誘っていただくことが出来て、とても嬉しかったです。これから、どんどんそういった内容の物が増えてくると思いますので、これも一戸建てに引っ越しをしてきたことによって生まれる醍醐味だと思って楽しんでいきたいと思います。少しずつ、ご近所さんとのお付き合いにも慣れて行くことが出来たら良いな、と思っています。慣れがとても大事になってきます。

注目情報

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.