一戸建ての購入時期は政府の政策といったものなども考慮して総合的に判断をすることが大切となります

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

一戸建てを買う時期について

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てを購入する時期というのは、だれもが迷うところです。一生に一度あるかないかといった買い物になるといったこともありますから、慎重に検討をするといったことが大切なことはいうまでもありませんが、政府の政策なども検討にいれて考える必要があります。特に消費税といったものや住宅ローン減税といったような政策は注目をしておくべきといえるでしょう。そして、これらの政策によっても需給がかわってくるので、物件の数といったものも常に変化をしているといったことを検討しておく必要があります。そういったもろものの検討材料をしっかりと考慮して一戸建ての購入時期を考えていくことになります。

例えば、消費税の増税前に勝った方がいいかというとそうとは限りません。政府は住宅などの売れ行きは景気を大きく左右するので、消費税の増税といったようなことによって住宅の販売戸数が大きく減少することを避けたいと考えています。そのため、消費税を上げる一方で住宅ローン減税といったようなものを拡大して、増税後でも住宅の販売が大きく落ち込まないような政策をとったりします。ですから場合によっては増税後の方が一戸建ての購入費用が安くなるといったケースもあるのです。

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.