築年数が古い一戸建ては、色々なところが劣化しています。特にフローリングは、一番劣化していると言えます。

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家

築年数が古い一戸建て

一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家
築年数が古い一戸建ての多くは、色々なところに劣化が生じていると思います。外観や内装など至る所に築年数の古さが出てきますが、フローリングは一番劣化しやすいと言えます。へこみやえぐれが無いから大丈夫と思っても、近くで見ると細かい擦り傷や引っかき傷だらけだと思います。そう言う浅い傷を修復するには、筆ペンタイプの着色剤を使うことです。自宅のフローリングの色と完全に合う色のものを探すのは難しいので、出来る限り、近い色のものを選ぶことです。この方法は、傷を埋めて直すのではなく、ただ傷に色をつけただけなので、光の具合によっては塗った箇所が目立ってしまうこともあります。しかし、安価で手軽に簡単に作業が出来るので重宝します。

フローリングの深い傷を修復する場合は、パテのような補修材で埋めることになりますが、こちらも筆ペンタイプの着色剤と同様に、自宅のフローリングと全く同じ色のものを見つけることは難しいと思います。自宅のフローリングと近い色の補修材を探すことです。補修材で傷を埋める時のテクニックの一つとして、埋めたら木目を描くと言うものがあります。埋めただけでは目立ってしまうので、木目を描けばなじみやすくなります。

Copyright (C)2018一戸建てが価値を持つのは郊外住宅街の適度な広さと庭付きの家.All rights reserved.